FXロスカット

FXは外貨の買値と売値の差額で利益を得る取引なので「とにかく安く買って、値上がりするまで待っていれば必ずもうかる」と誤解している人もいます。

しかし、FXには「ロスカット」という仕組みがあります。為替レートが下がり証拠金が減りすぎると強制的に決済されて取引を終了されてしまいます。

そこで、このページではロスカットの仕組みを紹介します。

「とにかく安く買って、値上がりするまで待っていれば必ずもうかる」と誤解している人の参考になれば嬉しいです。

マージンコールに注意する

FXではロスカットの危険を事前に警告するマージンコールという仕組みがあります。

証拠金に対して含み損益を加味した証拠金の残額(有効証拠金)の割合を証拠金維持率といいます。証拠金維持率は証拠金にどの程度余裕があるかを知る目安になる数値です。

証拠金維持率がFX会社の定める割合(50から100%程度)を下回るとマージンコールが通知され期限までに証拠金維持率を改善するように求められます。

例えば証拠金維持率50%でマージンコールの警告をするFX会社で、為替レート:1ドル・100円、レバレッジ:10倍で1万ドル(100万円分)を買ったとします。

その後、為替レートが1ドル・95円に変動した場合、有効証拠金は10万円(証拠金)-5万円(含み損)=5万円で証拠金率は50%となりマージンコールによるロスカットの危険性が警告されます。

レバレッジが高い取引は利益だけではなく損失の何倍、何十倍と膨らむ可能性があります。マージンコールはロスカット(強制決済)になる前に警告することで、できる限り損失を防ぐ仕組みです。

ただ注意しなくてはならないのは、FX会社の中にはマージンコールのシステムを採用していない会社もあるということです。FX会社を選ぶ際には事前にマージンコールのシステムを採用しているかどうか確認することが大切です。

証拠金の追加か決済が必要

マージンコールを受けた場合、次のどちらかの方法で証拠金率を引き上げる必要があります。

証拠金率を引き上げる方法の一つが証拠金の追加入金です。FX会社に指定された日時までに取引に必要な証拠金の不足分を入金して証拠金維持率を引き上げる方法です。

証拠金率を引き上げるもう一つの方法が現在保有している通貨を決済して取引を終わらせる方法です。その際、全部の通貨を決済しなくても、一部の通貨を決済して証拠金維持率を引き上げれば取引を続けることができます。

どちらの方法を選ぶにしても、マージンコールを無視して放置すると、自動的に強制決済(ロスカット)されてしまうので、早めに対応することが必要になります。

ロスカットが投資家を守る

ロスカット(強制決済)は投資家を守るための仕組みです。

含み損が増えて証拠金維持率が一定の基準(ロスカットレベル)を割り込むと、保有中の通貨は、その場で強制的に決済されます。

この強制決済をロスカットといいます。ロスカットはマージンコールに示されて改善期限までに証拠金維持率が改善されない場合にも適用されます。

ロスカットレベルの設定はFX会社によりさまざまです。FX会社の中には、あらかじめ決められた維持率から選ぶことが出来たり、投資家が自分で設定できる会社もあるので、FX会社を選定する前に確認することが必要です。

FX取引ではロスカットのおかげで、基本的には証拠金以上の損失は出ませんが。為替レートが急激に変動した場合は、証拠金以上の損失が出る場合もあります。

おすすめの記事