FXレバレッジ

FXでは、レバレッジを利用して少ない資金でも大きな取引ができますが、「レバレッジという仕組みがよくわからないので不安・・・」という人もいます。

そこで、このページではレバレッジについてわかりやすく紹介します。

レバレッジを利用して少ない資金でも大きな取引がしてみたいけど「レバレッジという仕組みがよくわからないので不安・・・」という人の参考になれば嬉しいです。

FXのレバレッジとは

FXでは、レバレッジという仕組みを活用することで預けた証拠金以上の大きな取引をすることができます。

レバレッジは最大25倍までかけることができるので、例えば10万円の証拠金を預ければ250万円の取引が可能になるのです。

取引総額を証拠金の金額で割った数字がレバレッジの倍数になります。

多くの場合、預けた証拠金の金額と取引総額によって自動的に倍数が設定されます。いくつかのパターンの倍率から選択することができるFX会社もありますが、多くのFX会社ではレバレッジの倍数は自由に選択できないので注意が必要です。

レバレッジが高いほど多くの利益を確保できる可能がありますが同時に大きな損失を被る恐れも高くなります。高いレバレッジで行う取引はハイリスク・ハイリターンになるので、初心者は証拠金や取引総額を調整して低いレバレッジの取引から始めて経験値を高めていく方がよいでしょう。

例えば、証拠金を10万円預け入れた場合に、レバレッジを1倍に設定すると10万円までしか取引はできません。

しかし、レバレッジを10倍に設定すると、100万円まで取引が可能となり、利益も損失も10倍になる可能性があります。

さらに、レバレッジを25倍に設定すると、250万円まで取引が可能となり、利益も損失も25倍になる可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの度合いが高い取引となります。

レバレッジの違いによる損益の具体例

FXにおける取引可能額は「証拠金(預入額)×レバレッジ(倍率)=取引可能額」となります。

例えば1ドル100円のレートで証拠金10万円でドルを買った場合

レバレッジ1倍なら

10万円×1倍=10万円が取引可能額となり

10万円÷100円=1000ドルを買うことができます

1ドル110円のレートの時にドルを売れば

110円×1000ドル=11万円で1万円の利益となります

1ドル90円のレートの時にドルを売れば

90円×1000ドル=9万円で1万円の損失となります

レバレッジ10倍なら

10万円×10倍=100万円が取引可能額となり

100万円÷100円=10000ドルを買うことができます

1ドル110円のレートの時にドルを売れば

110円×10000ドル=110万円で10万円の利益となります

1ドル90円のレートの時にドルを売れば

90円×10000ドル=90万円で10万円の損失となります

証拠金とレバレッジの調整が必要

FXでは、証拠金とレバレッジのコントロールが重要になります。

FXの新規注文、または保有中の通貨を維持するために最低限度で必要な証拠金を「必要証拠金」といいます。

必要証拠金の金額はFX会社ごとに決まっていたり、為替レートの変動により変化します。為替レートが変動して含み損が発生すると、損失分が証拠金から引かれます。

預け入れている証拠金が必要証拠金ギリギリの場合、為替レートが少し動いただけで取引が継続できなくなる危険性があるので注意が必要です。

実際に取引している金額に対して証拠金が占める割合が高いほど(レバレッジが低いほど)リスクは軽減できます。なので、レバレッジは2から3倍を目安に、取引額や証拠金を調整することが重要です。

おすすめの記事