FX

「FXは24時間取引ができる」とよくいわれていますが、いったいどのような市場で取引されているのでしょうか?詳しく知りたいという人も多いと思います。

そこで、このページではFXの取引が行われる市場について紹介したいと思います。

「FXは、いったいどのような市場で取引されているのか?」詳しく知りたいという人の参考になれば嬉しいです。

FX取引が行われる外国為替市場

異なる国の通貨を交換する取引のことを外国為替取引といい、その取引を行う市場を外国為替市場といいます。

外国為替市場は、大きく対顧客市場とインターバンク市場に分けられます。対顧客市場は、銀行やFX会社など金融機関と顧客との間でFXの取引などを行う市場です。

一方のインターバンク市場は、銀行間市場とも呼ばれ、銀行や証券会社などの金融機関の間で外国為替取引や資金の貸借を行う市場です。

この市場は市場規模も大きく、100万ドル(約1億円)単位での取引となるため、個人で参加することはできません。そのため、FXを扱うFX会社が、個人の注文を出す形で取引が行われています。

24時間動いている外国為替市場

外国為替市場は、通信回線を介して世界各国と結ばれており、平日なら24時間取引が可能です。

月曜の朝(日本時間の午前5時ごろ)にニュージーランドのウェリントンの市場が開くと、時間を追って、シドニー、東京、香港、シンガポールの市場が開き、15時ごろからはヨーロッパ、22時ごろにニューヨークの市場が開き、翌朝再びウェリントンに戻ります。

土曜日の朝にニューヨーク市場が閉じるまで世界のどこかで市場が稼働していますが、土曜日・日曜日は休みになります。

外国為替市場は世界に50か所以上あり、中でも取引高が多いニューヨーク、ロンドン、東京は世界三大市場と呼ばれています。

取引が活発になる時間帯

外国為替市場の取引が活発になる時間帯には為替レートが変動しやすくなります。

「眠らない市場」といわれる外国為替市場ですが、実際には証券取引所のように具体的な取引所があるわけではありません。

各国の市場は厳密には何時から何時までという決まりはなく、基本的にその国の金融機関が開いている時間帯が取引の中心となり、主な市場時間となります。

特に、ロンドンとニューヨークの市場が重なる日本時間の22時から2時の時間帯は、世界中で最も取引が活発となり、値動きが激しくなるため、米ドルやユーロなどの通貨を取引するときは、この時間帯がポイントとなります。

また、取引する通貨によって為替レートが動く時間帯が違うため、自分のライフスタイルに合わせた取引を行うことができます。

おすすめの記事