「FXに興味はあるけど、どんな取引なのかイメージがわかない」という人も多いとお思います。

そこで、このページでは「FXとは、どのようにして利益を得る取引なのか」、FXのイメージがつかめるようにFXの概要を紹介します。

「FXに興味はあるけど、どんな取引なのかイメージがわかない」という人の参考になれば嬉しいです。

FXは通貨売買の差額で利益を得る取引

「FX」とはForeign Exchange(外国為替)の略で、正式には外国為替証拠金取引と呼ばれるもので、外国の通貨を売買して為替損益が発生する取引のことです。

取引に当たってはFXを扱くFX会社の口座に証拠金を入金し、これを担保に外国通貨を売買します。

異なる通貨を売買する際の交換比率である為替レートは、買い手と売り手の需給バランスによって随時変動します。

このため、ある通貨を安い時に買い高くなった時に売れば買値と売値の差額が為替差益となります。逆に買値より売値が安い時に通貨を売ると、為替差損が生じます。

例えば

為替レートが1ドル100円の時に

ドルを10000円分(100ドル)買った後

為替レートが1ドル120円の時に

この100ドルを売れば12000円が手に入ります

この売値12000円と買値10000円の差額2000円が為替差益となります

FXとは、このように為替レートの変動を利用して為替差益を狙う投資法です。

また、外貨投資では、基本的に外貨を安く買って高く売る「買い」から始める取引で為替差益を確保しますが、FXでは、高い外貨を売って安くなったところで買い戻す「売り」から始める取引も可能です。

例えば

為替レートが1ドル100円の時に100ドル売れば

10000円を得ることができます。

その後、為替レートが1ドル80円の時に100ドルを買えば

8000円の支出になります

この買値10000円と売値8000円の差額2000円が為替差益となります

このように、FXなら円高・円安どちらの局面であっても積極的に取引をして利益を確保することが可能になります。

FXは金利でも利益を得ることが可能

FXでは、スワップポイントを貯める方法でも利益を確保できます。

スワップポイントとは、2種類の通貨間の金利差の調整分のことで、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買うと、保有した日数分だけ金利差を受け取ることができるものです。

例えば金利の高い(年利2・0%)通貨Aを金利の低い(年利0.1%)通貨Bで買い保有している場合

2.0-0.1=1.9%を1日当たりに換算した金額を毎日受け取ることができます。

ただし、「売り」の取引では、逆に保有日数分の金利差を支払う場合があるので注意が必要です。

FXは外貨預金より手数料が安い

代表的な外貨投資の一つに外貨預金があります。

外貨預金なら、低金利の続く日本円よりも高利回りで運用でき払い戻すときに為替レートが上がっていれば為替差益も期待できます。

しかし、外貨預金では為替手数料が高く、例えば100万円分のアメリカドルを買おうとすると約1万円もの為替手数料がかかることもあります。

さらに、円に換算するときにも手数料がかかるため、為替レートが変わらなくても実質マイナスになってしまうこともあります。

これに対して、FXなら、レバレッジによって少ない資金でも取引が可能で、スワップポイントも期待できます。様々な制約がある外貨預金に比べてFXは魅力的な投資法といえます。

おすすめの記事