FX初心者にお勧めの最低取引単位は1000通貨

いよいよ自分の資金でトレードを開始!まずは1000通貨トレードでコツコツ積み上げて大きな成果を目指しましょう!

デモ口座で一通りの操作方法を覚えたら、いよいよ、自分の資金を入金してレアルトレードの開始です。

実際に自分のお金を入金して、自分の資金が増減することを実感しながらトレードするのです。

たとえ少額であっても、デモ口座とは違って、真剣味が違ってきます。

おすすめは「1000通貨」

とはいえ、操作方法や用語を覚えた程度では、自動車の運転でいえば、まだまだ若葉マークにも届いていません。せいぜい仮免程度の実力です。

なので、いきなり資産が大きく増減するようなトレードではなく、万が一損が出ても、致命傷にならない程度のトレードから始めるのがおすすめです。

そんな「万が一損が出ても、致命傷にならない程度のトレード」としておすすめなのが1000通貨トレードです。

最低取引単位

ここで、おさらいしてみましょう。

FXの注文でが「米ドル/円を1000通貨買い」などのように通貨ペアと数量を指定して注文しますが、この際には、株取引で単位株があるように、FXにも最低取引単位が決められています。

最低取引単位はFX会社ごとに定められていますが、最低取引単位を1万通貨ではなく初心者に優しい1000通貨に設定しているFX会社を選びましょう。

1万通貨トレードだと、米ドル/円なら、1万ドルが1回の取引の最低単価となるので、およそ100万円からのスタートとなってしまいます。

しかし、これは自動車でいえば仮免ドライバー程度のFX初心者トレーダーにとっては、ハードルが高すぎます。

これに対して、1000通貨トレードなら、約10万円からのスタートとなるので、初心者トレーダーにとっては、かなり精神的プレッシャーから解放されるでしょう。

例えば100円で買った米ドル/円が期待を裏切って99円まで下がったとしても、1000通貨なら損失は1000円で済みますが、これが1万通貨であれば損失は1万円となり、仮免トレーダーには小さくない損失となります。

コツコツ積み上げて大きな利益

「でも、1000通貨だと損もしないけど、儲けも少ないしなぁ」と思う人もいるかもしれません。しかし、1000通貨を甘く見てはいけません。

最初のうちは絶対額がなかなか増えなくてイライラすることもあるかもしれませんが、この「1000通貨ジワジワ戦略」なら、たった2年半足らずで10万円を100万円にすることも可能なのです。

もとで10万円で1週間に50線幅の利益をコツコツ増やしていきながら、資金が5万円増えるたびにトレードする数量も増やしていくと、122週間(854日、約2年3.3月)ほどえ資金が10倍になるのです。

毎週50銭幅の利益ということは、1週間のうち5日間トレードをするとして、1日10銭幅の利益を獲得するといううことです。

最初は4000通貨から始めたとして、1日わずか400円にしかなりませんが、1000通貨トレードなら、こまめにトレード数量を調節できるので、元手が増えるたびにトレード数量を増やしていくという複利戦略がとりやすいのです。

この「1000通かジワジワ戦略」のメリットを最大限に生かして、「じわじわ増やして、ちょっと元手が増えたら、もう1000通貨追加する」という戦略でやっていくと、最初はジワジワだった資金量の伸びがだんだんド角度を鋭くして伸びていきます。

これが、最小取引単位が1万通貨だと、そうそううまくはいきません。

1万通貨だと、トレード数量の調節が細かくできません。トレード数量の単位が大きすぎるので、1回の損失が大きくなりすぎたり、もう少しトレード数量を増やしたいと思っても増やせずに、利益が伸び悩んでしまいます。

1000通貨なら機動的に動ける

1000通貨トレードの最大の魅力は、「デモ口座より真剣味があって、1万通貨よりも安全にトレードできる」という点にあります。

でも、1000通貨の魅力は、これだけではありません。1000通貨単位ならではの魅力がたくさんあるのです。

そんな1000通貨の魅力の一つとしては利益確定があります。

半分リカク半分継続

例えば、100円で買った米ドル/円のポジションが、いい感じで上昇して100円50銭(目標価格の半分)まで来たとします。

「でも、このまま上げ続けるかのかわからない、もしかしたら、ここが天井で、この後は下げるかもしれない・・・・。どうすればいいのかわからない…」などとチャートを見ながら立ちすくんでしまうことが、特にFX初心者にはよくあります。

こんな時に使える1000通貨ならではの戦略が「半分リカク半分継続」戦略です。

「半分リカク半分継続」戦略とは、利益確定の決済するか継続するか迷ったときに、持っているポジションの半分は利益を確定しておいて、残り半分は、さらなる相場上昇を期待して継続しておくというトレード手法です。

このようにすれば、利益確定か継続か迷ったところを頂点に買値まで下げてしまったとしても、そこで損切りすれば、収支はトントンで済むし、思惑通りに上昇してくれれば、残した半分は大きな利益が期待できます。リカクか継続かで迷いがちなFX初心者には便利な戦略です。

でも、この戦略には、1つだけ条件があります。それは、最低取引単位が1万通貨ではなく、1000通貨であるFX会社を使っていることです。

もし、最低取引単位が1万通貨のFX会社を使っていると「トレードはいつも1万通貨単位ですよ!」ということになり「半分リカク半分継続」戦略はできないことはできません。全部利益確定か全部継続かの二者択一になってしまいます。

ところが、最低取引単位が1000通貨のFX会社を使っているならば、仮に1万通貨のトレードをしていたとしても、「半分リカク半分継続」戦略が可能で、5000通貨は利益確定で5000通貨は継続というトレードができます。

2つ以上のポジションを保有している場合には、この「半分リカク半分継続」戦略は有効です。

このように最低取引単位は1000通貨のほうが機動的なトレードができることは間違いありません。

半分リカク半分継続応用編

もちろん「半分リカク半分継続」戦略は「半分」に限りません。「半分リカク半分継続」戦略の応用編として、複数回に分けてリカクのポイントを図していくというトレードも可能です。

3分の1をまずリカクして、少し上昇したところで残りの3分の1をまたリカクして、最後の3分の1は損切りにかかることを覚悟して、めいっぱい利益を伸ばすことを狙ってみる、などというトレードも可能です。

このケースでは、すでに3分の2は離隔済みなので、最後の3分の1が仮に損切りにかかっても、さほどの打撃はなく、精神的にも余裕をもって利益を追いかけることができます。

ただし、自分がせって下目標に対して、あまりにも早く利益確定をしてしまうのは、せっかちすぎます。2回に分けるなら目標の半分くらい、3回に分けるなら目標の3分の1程度などと、目安を持っておくようにしましょう。

FXでは、できる限り利益を伸ばすことが、勝つためのポイントとなります。でも、多くの人が、それをわかっていながらも、目先の利益が欲しくて、あまりにも早く利益確定に走りがちです。

だからこそ、「1000通貨ジワジワ戦略」を使って、まずは2000から4000通貨のポジションを持ちましょう。

そして「半分リカク半分継続」戦略や、その応用編を駆使してトレードすることお勧めします。

このページの専門用語

最低取引単位

最低取引単位とは、各FX会社が定めている1取引当たりの最も小さい単位です。

以前は1万通貨が主流でしたが、最近では1000通貨とするFX会社も増えてきています。中には100通貨から取引できるFX会社もあります。

天井

FXにおける「天井」とは、上昇トレンドの終点となる高値のことです。

上昇トレンドは、天井を最高値として下落トレンドやレンジ相場に転じます。

ただし、高値をつけて下げていったので、その高値が天井だと思ったら、再び高値を更新して、上昇トレンドが継続する、などという展開もあり、天井かどうかの見極めは難しいものがあります。

逆に下落トレンドの終点となる安値を「大底」といいます。下落トレンドは大底の安値を付けると上昇トレンドに転じますが、天井と同様に、大底の見極めもまた難しいものがあります。

おすすめの記事