FX 円安

円安の流れでFXで稼ぐという手法はFX初心者が挑戦しやすい稼ぎ方です。

FXの初心者には情報量が多く値動きの感覚もつかみやすい米ドル/円の取引から始めるのがおススメで、実際、FX初心者向けの入門書でもよく紹介されている通貨ペアです。

さらに、米ドル/円の取引の中でも、まず試してもらいたいのが円安の流れ=価格の上昇で稼ぐという手法です。

円安の流れ=価格の上昇で稼ぐ

背景としては、日本政府は「異次元の金融緩和政策」、つまり空前の超低金利政策を維持していますが、対するアメリカ政府はインフレ抑制のために利上げを実施し、さらに今後も追加利上げの可能性を示唆しています。

この日米間の金利差が維持され、さらにアメリカの追加利上げが実施されれば、米ドル買いが進む可能性は高く、為替相場のトレンドとしては上昇、すなわち、買い取引で入って円安で儲けることができます。

中長期的には、こうした円安ドル高が継続する可能性の高い背景を十分に理解して取引に臨むことが大切になります。

日々の値動きの中で儲ける

ただし、日々の値動きの中では、米ドル/円の相場も上昇と下落を繰り返します。

その際でも、ローソク足、トレンドラインや移動平均線、直近高値、安値を参考にすれば売買ポイントを探ることが可能になります。

基本的には、上昇の流れが起きてから取引に貼り、反落すれば決済売りをするというように、「流れが起きてから」トレードする順張りから試してみましょう。

最初は1000通貨から

FXに自分自身のお金を投じるのは怖いかもしれませんが、最初は1000通貨程から初めて、徐々に数量を増やしていくのがポイントです。

事前に、「ここで取引に入り、ここで利益確定・損切りしよう」というシナリオを立てて、実践することが重要です。

円高に流れが変わったら

円高に流れが変わったとしても「売り取引」というFXの醍醐味ともいえる取引で稼ぎます。

価格の下落で稼ぐということは、米ドル/円であれば円高ドル安の流れの中で売り取引に入るということを意味します。

とはいえ、「価格が下がっているのに稼ぐ」等いう点に、FXの初心者は戸惑いを覚えるのか、いまひとつよくわからない人もいるようです。

売りからの取引を過剰に恐れない

しかしながら、値動きの一方向のタイミングだけではなく、上昇・下降の両方向で稼ぐことができるということは、それだけ収益のチャンスが広がるということであり、他の金融取引にはないFXの特徴です。このようなFXの特徴をせっかくなので十分に活用して、円高の流れの中でも、利益を確保するようにしましょう。

また、為替相場は必ず上下を繰り返すもんおです。長期的には上昇トレンドであっても、一時的には反落する「調整局面」が必ず訪れます。FXの取引に慣れてきたら、そのような局面で、売り取引で稼げるようになするのも、立派な戦略といえるでしょう。

最初は少ない数量から短期間の売り取引

売り取引であっても、買い取引と同様に、基本的なテクニカル分析を充分に行ったうえで売買ポイントを探ってゆけば、決して怖がる必要はありません。

また、為替相場には、「上昇はゆっくり・下降は急激」という特性があるので、うまくタイミングをとらえれば、短期間で稼ぐことも十分可能です。

イギリスが欧州連合を離脱した「ブレグジット」がよい例です。

まずは、少ない数量から短期間の売り取引を始めて、値下がりで利益を得るという感覚をつかんだら、取引量を増やすようにしましょう。もちろん、最初は下落が始まってからエントリーする「順張り」で行います。せっかくなので、ロング・ショートで稼ぐスキルも磨いておきましょう。

おすすめの記事