FXFX会社の破綻からお金を守る信託保全

「FX会社が破たんしたら、預けているお金はどうなるのだろう?」と不安に思っている人もいると思います。

そこで、このページでは、個人投資家がFX会社に預けているお金を守ってくれる信託保全について紹介します。

「FX会社が破たんしたら、預けているお金はどうなるのだろう?」と不安に思っている人の参考になれば嬉しいです。

FX会社の破綻から資金を守る信託保全

FXトレーダーが最も恐れるべき事態は、利用しているFX会社の破たんです。

そうなれば、預けていたお金やせっかくトレードで増やしたお金が戻ってこないことだって考えられるからです。

「せっかく頑張って稼いだ利益が水の泡っ・・・・・」などという事態だけは絶対に避けたいところです。

そのために、資本金の大きさや財務の健全性、株式市場への上場の有無といった点から信用性の高い会社を選んでいても、何があるかわからない世の中です。不測の事態が起こるリスクをゼロにすることはできません。

なので、今度は「万が一の場合に、私たちが預けたお金はどうなるの?」という点から考えてみましょう。

ここでキーワードとなるのが、いわゆる「信託保証」という仕組みです。

これまで法律で貸されてきたのは「分離管理」という方法です。これはFX会社に対して「自分の会社のお金と投資家から預かっているお金を一色たんにして管理してはいけません!会社のお金と投資家から預かったお金はきちんと分けて管理して、もし会社がつぶれても、投資家から預かったお金は無くならないようにしなさい!」というものでした。

でも、この分離管理は、義務といっても、本当に守られているかどうかは自己申告で済まされていたものでした。過去には、「ちゃんと分離管理してますよ!」と自己申告していても、いざ、会社が破綻してから調べてみたら、全然分離されていなくて、自己申告が嘘だったことが判明した、なんてことがあったのです。

そこで2010年2月から導入されたのが信託保全の義務化なのです。この信託保全とは、投資家が預けたお金は信託銀行が預かってくれて、FX会社が破綻しても「受益者代理人」と呼ばれる人が投資家にお金を返還してくれる仕組みです。

投資化に配慮している良心的なFX会社は、すでに100%信託保全を導入済みでしたが、これが法律により義務化されたのです。

より安心なFXへ

義務化された信託保全の内容は、かなり厳格なものとなっています。逆にいえば、利用する側のFXトレーダーにとっては安心できる内容になったといえるでしょう。

信託保証の対象となるのは預けた証拠金や決済したポジションの利益はもちろんのこと、未決済のポジションの含み益やスワップ益も対象となります。

含み益やスワップ液が膨らんで「いつ利益確定しようかな」などと楽しみにしていたのみ、まさかのFX会社の破綻で、「せっかくたまっていた含み益がなくなった・・・・・」なんて心配もいらなくなりました。

というのも、信託保全の対象に実際に預けて金額だけではなく、その後の運用の結果得られた含み益(含み損)なども加算(減算)することが義務付けられたのです。

制度の改正前までは、信託保全と一口に言ってもFX会社各社で、その内容には差がありました。しかし、信託保全の義務化で、その内容もうほぼ均一ななりました。間違いなく、より安心してFXトレードができる環境が整ってきています。

このページの専門用語

経営破綻

決して、頻繁に起こることではありませんが、FX会社の経営が立ち行かなくなり破綻することもあり得ます。そんなときに、一番気になるのが預けていたお金がどうなるのかということです。悪質なFX会社だと、預かっていたお金を会社の赤字補填などに流用してしまっていて、戻ってこないこともあり得ました。なので、FX会社を選ぶ際には、信用力の高い会社を選ぶことが重要です。

信託保全

信託保全とは、投資家が預けたお金をFX会社が管理するスキームのことです。万が一、FX会社が破綻しても預けたお金は信託銀行が管理しているため、安全性が高いといわれています。2010年2月より、法律によってFX会社には100%信託保全が義務付けられました。

おすすめの記事