FXで投資できる通貨

FXでは世界中の国の通貨に投資できます。

なかでも最も取引量が多いのはユーロ/米ドルです。

世界には194の国があり、基本的にはそれぞれの 国が通貨を発行しています。

FX では、そのすべてを取引できるわけではありませんが、いろいろな通貨ペアがあるのもFX の魅力のひとつです。

為替レートは通貨と通貨の交換レートだから、通貨の組み合わせの数だけ通貨ペアが存在するのです。楽しみであると同時に、最初はどの通貨ペアを取引すべきか、迷ってしまうかもしれません。

とはいえ、日本人に最も馴染みがあるのは米ドル/円のペアでしょう。日本の為替市場での取引高も多く、中心的な存在の通貨ペアです。情報量も多いので、初心者はここからスタートすることが多いようです。

ユーロ/米ドル

でも、世界にはもっと取引量の多い通貨ペアもあります。それがユーロ/米ドルの通貨ペアです。

世界の貿易や決済で使われる基軸通貨である米ドルと、それに次ぐ主力通貨であるユーロ、この2つの組み合わせが為替市場の主役であることは間違いありません。そのため、ユーロ/米ドルの値動きは、他の通貨ペアの値動きに影響を及ぼすことも多くあります。

ユーロ/米ドルでユーロ高になると(=米ドル安になると)、米ドル/円でも円高傾向が進みがちになるという影響があります。

だから、取引する、しないは別にしても、ユーロ/米ドルの値動きには注意しておく必要があります。

クロス円とドルストレート

日本のFX会社が扱う通貨ペアのなかでは、円が絡んでいるものが多いです。

米ドル/円以外で円が絡んでの通貨ペアであるユーロ/円や豪ドル/円、香港ドル/円などは総称として「クロス円」と呼ばれています。

通貨ペアは左から読むので、クロス円の場合は、1ユーロ130円とか1豪ドル70円とか、円で換算されるので計算しやすいということもあります。

クロス円とセットで覚えておいた方がいい言葉が「ドルストレート」です。こちらのドルストレートとは、米ドルの絡んだ通貨ペアの総称です。

米ドル/円にユーロ/米ドル、それに英ポンド/米ドル等が代表格です。

英ポンド/円の値動きはドルストレートの英ポンド/米ドルの影響を受けるので注意が必要です。

メジャー通貨VSマイナー通貨

その他、通貨そのものをアメリカの大リーグと同じようにメジャーとマイナーに分類することもある。

米ドル、ユーロ、円、英ポンド、スイスフランなど先進国の通貨はメジャー通貨といわれ、南アフリカランドやトルコリラなど新興国の通貨はマイナー通貨と呼ばれる。

マイナー通貨は比較的金利が高い場合が多く、スワップを狙いたくなる通貨だが、取引量は少ないので、一般にリスクが高いといわれている。

また、豪ドル、NZドル、カナダドルなどは資源国通貨と呼ばれ、資源価格に影響を受けやすい特徴を持っています。

最初はなじみのある通貨ペアから取引を始めて見て、チャートの見方やテクニカル分析の使い方に慣れてきたら、チャートの形の解りやすい通貨ペアや、テクニカル分析に素直に反応する通貨ペアへと手を広げていくのがいいでしょう。

このページの専門用語

クロス円

クロス円とは、円の絡んだ通貨ペアのうち、米ドル/円以外の通貨ペアをさす総称です。具体的には、ユーロ/円、英ポンド/円、南アフリカランド/円などです。取引量がさほど多くない豪ドル/円などは、取引量の多い米ドル/円と豪ドル/米ドルを掛け合わせて(クロスさせて)算出されることからクロス円と呼ばれるようになりました。

ドルストレート

ドルストレートとは、通貨ペアのうち米ドルが絡んだ通貨ペアをさす総称です。どこの国の通貨であっても米ドルとの通貨ペアは自国の為替相場に土地手最も重要な通貨ペアであって、米国と自国の経済関係がストレートに為替レートに反映されるため、ドルストレートと呼ばれるようになったようです。

おすすめの記事