FXで為替市場が動く時間

24時間眠らない為替市場で取引できるFXですが、その為替市場にも取引が多くなる時間と少なくなる時間があります。FXでは取引の多い少ないは損益に大きく影響をします。

そこで、このページでは為替市場にも取引が多くなる時間と少なくなる時間を紹介します。

為替市場にも取引が多くなる時間と少なくなる時間を知りたいという人の参考になれば嬉しいです。

24時間眠らない為替市場

株を取引するのは株式市場で、日本なら東京証券取引所(東証)、米国ならナスダックという取引所がある。

では、為替を取引する場所はどうでしょうか?実は為替の場合には具体的な取引所があるわけではないのです。

為替は銀行と銀行がブローカーなどを介して取引をするので、東証の様な取引所がなくても取引が成立するのです。こうした取引の集積が為替市場となります。

だから為替市場には、株式市場のような「何時から何時まで」といったような取引時間というものがありません。

太陽が昇る時間に従って、オーストリアの市場が動き出し、日本の市場が動き出し、次はシンガポール、欧州と、24時間常にどこかで誰かが為替の取引をしています。

但し、日本のFX会社は概ね月曜日の朝7時から取引が始まり、土曜日の朝6時55分(米国サマータイム採用時は5時55分)までとなります。

毎日ニューヨーク市場がクローズしたあと15分程度取引できない時間帯がるので、大体朝の7時くらいから翌時のニューヨーク市場がクローズする時間までをDAY(1日)とすることが多いです。

市場は深夜時間に動く

為替市場のメインプレーヤーは欧州と米国です。ヨーロッパやアメリカが昼間の時間帯は当然、オーストラリア人だけが取引している時間帯よりも当然取引のボリュームが増え、値動きも大きくなります。このように為替市場には時間帯ごとに特徴があります。

一番早く取引を始めることができるのがニュージーランド人で、日本時間の朝7時ごろからウエリントン市場が開き市場だ動き始めます。すぐ、お隣のオーストラリアでもシドニー市場が開き取引が始まり、やがて9時ごろには日本の東京市場が開き動き始めます。

ただし、東京やシンガポールなどのアジアの市場で主に取引をしている時間帯は、まだまだ取引に参加している人間は少ないのです。

本格的に市場が動くのは日本の夕方頃、つまり欧州市場がオープンしてからです。更に夜10時ごろからはウォールストリートの大口投資家が取引に参加し始め、いよいよ為替市場が本格的に動き出すのです。

欧州の投資家が取引をしていて、さらにアメリカの投資家も取引に参加する深夜にかけては為替市場が最も活発に動きます。

東京時間の夕方までは方向感も不明確で値動きも小幅ですが、夕方以降に欧州の投資家が取引に参加してトレンドが徐々にでき始め、夜からは経済指標の発表などもあり値動きが大きくなっていく傾向があります。

時間帯の特徴を生かしたトレード

このように時間帯ごとに市場の動きの異なるFXでは時間帯ごとに戦略を変える人もいます。

東京時間は一切無視という人もいますし、逆にレンジ相場になりやすい東京時間で小さな利幅の取引を繰り返すという人もいます。まずはチャートをじっくり眺めて、時間帯ごとの値動きの癖を自分の目で確かめましょう。

24時間動いている為替市場には、副作用もあります。投資家の中には、チャートが動いているからといって、寝食を忘れてFXに没頭してしまう人もいます。

心身ともに健康でなければ正常な判断はできません。トレードは時間を決めて行い、健康管理にも注意しましょう

このページの専門用語

取引所

取引所とは、東京証券取引所やニューヨーク証券取引所に代表されるような株式やオプション、商品先物などの各種金融商品の売買を仲介する場所のことです。

日本では為替を扱う取引所として東京金融商品取引所があります。海外の為替関連の取引所ではシカゴマーカンタイル取引所に上場する通貨先物が投機機筋のポジション指標として注目されています。

ブローカー

ブローカーとは、証券会社や金融期間の為替注文を仲介する業者のことです。最近では電子取引の普及により、存在感を薄めつつあり、個人向けのFXに進出する会社もあります。

ウォールストリート

ウォールストリートとは、アメリカニューヨークのマンハッタン南部にある通りの名前です。金融機関やヘッジファンドが軒を連ねる世界の金融市場の中心であり、その売買動向が為替市場の動きも大きく左右します。

おすすめの記事