FXロスカットFXの自動ロスカットってどんな仕組み?

FXでは、相場から目を離したすきに相場が急変して含み益が拡大!なんてこともあり得ます。

そんな時に助けてくれるのが「自動ロスカット」です。

「自動ロスカット」とは、自動的に損失を限定してくれる仕組みで、投資家を守る目的で設置されています。

紺ページでは、そんな「自動ロスカット」について紹介します。

自動的に損失を限定してくれる「自動ロスカット」

FXでは、損切注文が自分の操作ミスで入って中ってリ、うっかり損切りを忘れてるkとがありえます。そんな時に相場が急変して、思惑とは逆に一気に動いてしまったら・・・想像したくもないケースです。

しかし、FXは、証拠金取引だから「含み損がパンパンに膨れ上がって気付いた時には借金まみれで、揚げ句の果てに身ぐるみはがされる」などということにはなりません。

なぜならば、FX会社には「自動ロスカット」という仕組みが備わっているからです。

「自動」ロスカットというと、「勝手だなあ」と思う人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

証拠金取引で自己資金の何倍もの取引ができてしまうFX取引で、損切もせずに含み損が大きくなるのに任せておいたら、強いトレンドが出た時には、取り返しのつかない状況になってしまいます。

しかし、個人投資家が、そんなことで大損ををしてしまうことをFX会社も望んではいません。

そこで、預けた証拠金の範囲内損失が収まるように、含み損がある一定のレベルに達すると、自動的に持っているポジションがロスカット(損切)される仕組みを持っているのです。

証拠金維持率が50%を割ると・・・

マネックスFXプレミアムを例にとって見ると、初期設定では証拠金維持率が50%を割り込むと自動ロスカットが発令されます(30~100%の間で設定可能)。

証拠金維持率とは

「証拠金維持率」は、ちょっと難しそうですが、大切な用語なのでしっかり理解しましょう。

「証拠金維持率」とは、預けて「証拠金」に「含み損益」を加味した「実効証拠金」を、「現在持っているポジション」を立てるのに必要な「建玉必要証拠金」で割って求められる数値です。

(注意)「建玉必要証拠金」の額は口座の種類やレートによって変わります。

具体的な数字を当てはめて考えてみると以下のようになります。

10万円を証拠金として口座に預け入れて、米ドル/円を1万通貨持っているとする。しかし、7万円円の含み損を抱えてしまっている。

この時の「実効証拠金」は「証拠金」10万円-「含み損」7万円=3万円となります。

マネックスFXプレミアムで「現在持っているポジション」米ドル/円1万通貨を立てるのに必要な「建玉必要証拠金」は約4万円。

なので、この場合の「証拠金維持率」は、「実効証拠金」3万円÷「建玉必要証拠金」4万円=0.75=75%になります。

50%までには、まだ余裕がありますが、かなりの危険水域まで来ていることは間違いありません。

さらに含み損が増えて実効証拠金が2万円を割り込んでしまうと、証拠金維持率が50%を切ってしまうので、ロスカットということになってしまいます。

自動ロスカットされるのは、残念なことですが、投資家が借金を背負い再起不能となることを防ぐ投資家を守るための仕組みなのです。

アラート

多くの FX 会社では自動ロスカットされる前に「アラート」と言って「そろそろ自動ロスカットしますよ」という警報が発せられる。

登録したメールアドレスに送ってくれるので、モバイルのメールアドレスを登録しておけば、外出先でも確認できます。

マネックス FX プレミアムの場合、90%になると「プレアラート」70%で「アラート」と2段階で知らせてくれる。

この段階まで来たら、かなり危ないので自ら潔く損切りすることを検討した方が良いでしょう。ズルズルとポジションを持ち続けても、大概はうまくいかないものです。

このページの専門用語

自動ロスカット

自動ロスカットとは、預けた証拠金以上の損失が発生することを防ぐ ために FX 会社が強制的に行う損切りのこと。 マージンカットや強制ロスカットとも呼ばれる。自動ロスカットが発動するポイントは FX 会社によって異なります。相場の急変時には 、損失が自動ロスカット率を越え、元本を割り込む可能性もあるので注意が必要です。

証拠金維持率

証拠金維持率とは、保有するポジションの含み損益を反映した証拠金額に対する建玉の必要 最低証拠金の割合をいう。 この数字が高いほど資金に余裕があり、100%を割ってくるとかなり危険水域に来ていると評価できる。

アラート

アラートとは、自動ロスカットが発動する前には、 大抵アラート、つまり「そろそろ強制ロスカットしますよ」という警告が発せられる。アラートが出たら素早く自ら損切りをしたほうが傷が浅く済みます。

おすすめの記事