FX レバレッジFXのレバレッジとは

FXに関連して「レバレッジ」という言葉をよく耳にすると思いますが、「レバレッジって、本当のところ、どういうものなの?」とよくわからない人も多いと思います。

そこで、このページでは「レバレッジ」についてできるだけわかりやすく紹介したいと思います。

「レバレッジって、なに?よくわからない」という人の参考になれば嬉しいです。

レバレッジとは

FX の大きな特徴であり魅力であるレバレッジ。

レバレッジとは英語で「テコ」を意味する。

「テコ」をこ使えば小さな力で大きなものを動かすことができる。

FX は、この「テコ」の原理を利用したもので少ない金額で大きな取引をするための仕組みです。

株の信用取引でも、レバレッジをかけて自己資金以上の取引ができ、せいぜい自己資金の3倍程度が限界です。

ところが、 FX では最大25倍のレバレッジがかけられるのです。

でも、このレバレッジ、高ければいいというものではありません。高くなればなるほどリスクも高くなって、少し動いただけで利益も損失も大きくなってしまうからです。

とはいえ、レバレッジを味方につけることこそFX の醍醐味でもあります。

レバレッジを上手に使いこなすためには、その仕組みをよく理解しておく必要があります。

10万円しかなくても、100万円相当のベイドルだって変えてしまうのが FX です。

これはレバレッジのおかげなのですが、なぜお金が足りないのに、変えてしまうのでしょうか ?

なぜ自己資金以上の取引ができるのか

FXでは、なぜ自己資金以上の取引ができるのでしょうか。

それは FX が差金決済と言う決済前提の取引だからです。

100万円 分の米ドルを買っても、別にパンを買ったわけではないので食べて消えてしまうわけではありません。100万円分の米ドルはいつか売る(決済する) はずです。

ということは、売り手である FX 会社から見たら、決済するときにあなたの買った100万円分の米ドルの価値が90万円以下にならなければ、とりっぱぐれることはないということです。

なぜなら、10万円を預かっているからです。

逆に考えると、 FX 会社は預かった10万円以上の損失を出されると困ってしまうのです。もし、10万円で1億、2億の取引をされたら、10万円なんてあっという間に吹き飛んでしまうでしょう。それでレバレッジには上限が設けられているのです。「必要最低証拠金」が、それにあたります。

元手資金からレバレッジを考えてみる

元手資金からレバレッジを考えてみましょう。

例えば、手元に10万円あり、レバレッジ10倍で投資するとします。

資金10万円 ×レバレッジ10倍で100万円の取引が可能になります。1ドル100円ならば、1万ドルが買えるわけです。 同じ元手資金で、1000ドルの取引をするなら 、レバレッジは1倍となります。

ポジションが増えていけば自然にレバレッジも高くなっていくので、ピラミッティングなどをする場合は、そのことを頭に入れておきましょう。

ただし、「 自分はレバレッジ10倍で取引しよう」などと意識する必要はありません。レートが変わればレバレッジも変わってしまうし、レバレッジの数字だけ見て、自分の適正レバレッジが分かるはずもないからです。

損切りポイントと損失許容額を決めると自然とトレード数量が計算できて、レバレッジも決まってきます。レバレッジに振り回されず損切りを徹底してトレード数量を増やしすぎないように注意しましょう。

このページの専門用語

差金決済

差金決済とは、売った代金の全額あるいは買った代金の全額を支払うのではなく、買って売って、売って買っての1トレードが終わった時の差額をやり取りする取引のことです。

必要最低証拠金

必要最低証拠金とは、ひとつのポジションを建てるのに最低限必要な証拠金の額のことです。 FX 会社によって異なり、また表記の仕方も「1万円」と金額で決められることもあれば「 4%」と割合で定められていることもあります。

おすすめの記事