FX 注文方法FXの基本的な3つの注文方法

FXには、いろいろな注文方法があります。この注文方法をマスターすることで、FXのトレードの幅も広がります。

そこで、このページでは、FXの3つの基本的な注文方法について、その使い方や注文の出し方を紹介します。

FXを始める人が、FXのトレードの幅を広げる参考になれば嬉しいです。

ストリーミング注文

FXで最も基本となる注文方法は、画面に表示されたレートをクリックして注文するストリーミング注文です。「今すぐ買いたい」「すぐ売りたい」という時に使います。

株取引で使われている成り行き注文と似ています。しかし、FXのストリーミング注文は、厳密には、株取引の成り行き注文とは違います。

株取引の成り行き注文は、「いくらでもいいから、今売りたい(買いたい)、価格は市場にお任せします」という注文です。なので、注文を出した瞬間に、どんなにレートが動いていても約定します。

これに対して、FXのストリーミング注文は、画面に表示されたレートをクリックして、その注文がFX会社のサーバーに届いた時点で約定します。

なので、市場が過熱してくると、レートが動いてしまって注文が成立しないことが起こりうるのです。そのため、FX会社では、「成行」とはいわず、ストリーミング注文と呼んでいるのです。

指値注文

指値注文は、今のレートよりも高く売りたいと気や、安く買いたいと気に使う注文方法です。

「より安く買い、より高く売る」という、普段の生活と同じスタンスの注文方法です。

注文を出す時は「この値段で買いたい。この値段で売りたい。」とズバリ価格を指定します。

その値段にならないと、約定しないので、いつまで注文を出しつずけるのか、期間を設定することになります。マネックスFXプレミアムの場合、DAY(NYクローズまで),WEEK(週末まで),GTC(無期限),日時指定の4つが選べます。ストリーミング注文が時間を優先しているとすれば、指値注文は、値段を優先している注文方法といえます。

逆指値注文

指値とは逆に考えるのが逆指値注文です。「より高く買い、より安く売りたい」ときに使う注文方法です。

わざわざ高く買い、安く売るのはおかしいようですが、FXトレードには欠かせない注文方法なのです。

逆指値注文の使い方の基本中の基本は「損切」です。損切では、「〇円より下がったら諦めて決済しよう」と考えます。その時に使うのが逆指値注文です。逆指値を入れておかないと、いたずらに含み損を膨らませてしまうことになり招ません。

また、逆指値注文をエントリーに使う人も多いです。例えば、為替レートが99円の時に、「100円が強いレジスタンスライン(抵抗線)になっているから、100円を抜けたら強く上がるはずだ」と予想したら、逆指値の買い注文を100円の少し上に置いておく、という使い方です。

つまり、上昇中の通貨を追いかけて買ったり、下がった通貨を損切りしたりするのに使います。値動きの勢いが出ている通貨に飛び乗ったり下りたりするのに使うツールだと考えましょう。

このページの専門用語

FX会社のサーバー

経済指標の発表などがない日中なら、どこのFX会社でも取引は滞りなくできます。しかし、指標の発表などで大きく値動きがある時には、アクセスが集中しサーバーが対応できなくなる可能性があります。安心して取引するためにはFX会社のサーバーの安定性もFX会社を選ぶときのポイントになります。

NYクローズ

NYクローズとは、ニューヨーク市場が1日の取引を終了する時間です。便宜上、外国為替取引において1日の終了とされています。日本時間では午前7時に当たります。ただし、米国の夏時間では午前6時となります。

GTC

GTCとは、無期限注文のことです。取引が約定するか、自分でキャンセルするまで無期限に有効な注文です。そのままにしておくと、忘れた頃に注文が約定してしまうので注意が必要です。

おすすめの記事