ボックス相場レンジかトレンドか相場の読み方

為替相場には相場に一定の方向性がある「トレンド相場」と、相場に方向感がない「レンジ相場」の2種類があり、為替相場では、この2つの相場が交互に発生します。

そこで、このページでは、「トレンド相場」と「レンジ相場」の2種類の相場について紹介します。

相場に不慣れなFX初心者の人の参考になれば嬉しいです。

トレンド相場なら順バリ可逆バリか

FXのトレードには「順バリは」と「逆張りは」の2つの流儀があります。

順バリとは、市場のトレンドに合わせてトレードをする手法です。為替が上昇するトレンドにある場合には、「買い」で入る素直なトレードのパターンで短期トレードに向いています。トレンドフォローともいわれます。

逆張りは、反対に、市場のトレンドに反したトレード手法です。トレンドの流れの裏をかくような方法なのでカウンタートレードともいわれます。

反発する直前に逆張りをすると大きな利益になりますがそのまま反転しないと大きなリスクを抱えることとなります。FXの場合、特に初心者は順バリの、トレンドフォロー型の取引をすることがおすすめです。

レンジ7割トレンド3割

為替相場の動きの中には「これは上昇トレンドでも下降トレンドでもない」という場面も多々あります。一定の名幅の中で情誼に行き来するだけの相場です。このように方向感のない相場を「保ち合い相場」とか「レンジ相場」と呼びます。

レンジ相場では、トレンドラインを引くことはできませんが、サポートラインやレジスタンスラインを引いてみると、相場に方向感がないのが明確にわかります。

ただし、相場がいつまでも一定の値幅の中にいるわけではありません。レンジ相場はいつか必ず終わります。レンジを上に抜けるか、下に抜けるかはわかりませんが、いつか必ずレンジ相場は終わり、その後にトレンドが発生します。

レンジ相場の一定の値幅を上に抜けて、上昇トレンドが発生したと仮定します。もちろん、上昇トレンドだからといって、一本調子で上げるばかりではなくて、一時的に下げる場面(調整局面)もあります。しかし、「大きく見れば上がっている」という状態がトレンド相場です。上がったり下がったりを繰り返しながらも、安値が切りあがっていきます。

このように、為替相場は大まかに分析すれば「レンジ相場」か「トレンド相場」のどちらかでしかありません。

一般に為替市場では「レンジ7割トレンド3割」ともいわれるように、レンジ相場である方が多いです。為替レートが大きく上がったり下がったりするトレンドが発生するには、大きなエネルギーが必要だからです。

レンジ相場の間にエネルギーを貯めて、満タンまでエネルギーがチャージされたら、トレンドが発生して、エネルギーが尽きたらレンジに戻って、またチャージして次のトレンドに備える・・・・。そんなイメージです。

トレンドかレンジか、見るチャートの足の長さによっても見えてくる景色は変わるので、よく見極めることが大切です。

このページの専門用語

順バリ

順バリとは、トレンドの方向性に従いトレードする手法のことです。上昇トレンドなら菓子、下降トレンドなら売りに徹するのがトレンド順バリです。トレンド方向のエントリーであれば、トレンドが続く限り大きく損はしにくいので、FX初心者はトレンド順バリがよいとされています。

逆バリ

逆バリとは、トレンドの方向性に反してトレードする手法のことです。上昇トレンドなら売り、下降トレンドなら買いに徹するのがトレンド逆バリです。上昇トレンド中に上がりすぎて一時的に下げる場面を狙ったり、下がりすぎて反発する場面を狙う手法です。

おすすめの記事