FXFXのサポートラインとレジスタンスラインの引き方

FXではトレンドラインと並んで重要なのが、サポートラインとレジスタンスラインです。

そこで、このページでは、サポートラインとレジスタンスラインの引き方を紹介します。

サポートラインとレジスタンスラインに興味のある人の参考になれば嬉しいです。

サポートラインとレジスタンスラインとは

トレンドラインと並んで重要なサポートラインとレジスタンスライン。トレンドラインは斜めのラインでしたが、サポートラインとレジスタンスラインはチャートに対して水平に引くラインです。

サポートラインとレジスタンスラインの引き方はトレンドラインよりのさらに簡単です。チャートを見て、際立った高値や安値を通るように水平線を引くだけでいいのです。

レジスタンスラインとは、高値に引いた水平線をいいます。上がってきたレートがそのラインに達すると抵抗を受けたように跳ね返されやすいので「抵抗線」とも呼ばれています。

サポートラインとは、安値に引いた水平線をいいます。下がってきたレートがこのラインに達すると支えられたように反転しやすいので「支持線」とも呼ばれています。

市場の注目し相場の転換点となる

サポートラインとレジスタンスラインはともに、相場の転換点となりやすいので、エントリーや利益確定の目安として使われています。

特に過去に何度も跳ね返されて、ローソクのヒゲの先が2つも3つも当たっているようなサポートラインとレジスタンスラインは要チェックです。それだけに市場の注目度も高まっているので、そのサポートラインやレジスタンスラインを超えたときは、値動きが一気にたかまる傾向にあります。

硬いレジスタンスラインを破ったら、そのままの勢いで一気に上昇しやすいし、硬いサポートラインを割ったときも同様に大きく下げやすい傾向があります。そのため、そこが絶好のエントリーポイントとなります。

ポジションを決済するポイント

サポートラインとレジスタンスラインは、今持っているポジションをどうするかという、決済の判断材料ともなります。

今持っている買いのポジションに利益が乗っていて、ちょっと上を見ると固そうな抵抗線「この先はレジスタンスラインは越えられそうにない」と判断して、抵抗線の手前で利益確定してもいいでしょう。

また、含み損を抱えている買いポジションをどこで損切りしようか迷っているときは、「このサポートラインを割ったらさらに大きく下げてしまうので、サポートラインの手前で損切りの注文を入れよう」と判断してもいいでしょう。

このように、とても便利で使いやすいサポートラインとレジスタンスラインですが、ポイントとなるのが、どの高値・安値に線を引くか、ということです。

まずは、過去の重要な節目に引いて見ることをお勧めします。過去1年間の高値・安値の起点となった高値・安値です。最初は週足、月足チャートなど長い期間の中でひいてみて、徐々に過去1か月のポイント、1週間のポイント、昨日の高値・安値と期間を決めて引くのがよいでしょう。

また、プロはどんな高値・安値に注目してラインを引いているのかを参考にするために、為替ディーラーが引いたラインを真似してみるの良いでしょう。

このページの専門用語

エントリーポイント

エントリーポイントとは、新規のポジションを建てるポイントのことです。

チャート上の節目といえる高値・安値やトレンドラインなどは多くの人がエントリーポイントとするし、損切りのポイントともなります。

そのため、そこをブレイクすると新規の買いと売りのポジションの損切り買い、あるいは新規の売りと買いポジションの損切り売りが集中して値動きが一方に加速しやすくなります。

節目

節目とは、相場の転換点となる為替レートのことで、多くの投資家が注目しているポイントのことです。

そこで反転したり、そこを抜けたりすると、大きなトレンドが生まれることがあります。

おすすめの記事