トレンドラインの引き方と見方

ローソク足の見方がわかったら、チャートに少し加工をして本格的なテクニカル分析を始めましょう。

本格的なテクニカル分析の第1歩としてお勧めなのが、チャートにラインを引くことです。意外かもしれませんが、実は、プロの為替ディーラーでも、チャート上に引いたラインだけで取引する人が多いのです。

トレンドラインとは

チャート分析で基本となるラインは「トレンドライン」と呼ばれるものです。トレンドラインは、その名の通り、市場のトレンド(方向性)を示すラインです。ローソク足を漫然と見ていただけでは気づかなかったトレンドが、ラインを引くと見えてくるのですから不思議です。

トレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方はとっても簡単です。チャートをパッと見て、上がっているなと持ったら、際立った安値と安値(ヒゲとヒゲ)を結びます。下がっているなと思ったら、際立った高値と高値(ヒゲとヒゲ)を結ぶだけです。これだけでトレンドラインが引けます。

ただし、トレンドラインを引くときは、ラインからローソク足がはみ出さないことが大原則となります。はみ出さないように注意しながら、過去の重要な高値や安値を通るように引いてみましょう。

パソコン上で線を引くこともできますが、最初のうちはチャートをプリントアウトして定規を使って自分の手で引いた方がいいでしょう。いろいろな線を引いてみると、その分色々なトレンドが見えてきます。

トレンドラインから離れたときがチャンス

トレンドラインを見るときに重要なのが、現在の価格十連弩ラインの位置関係です。上昇トレンドのトレンドラインなら、おおむね、そのラインに沿って上昇していく可能性が高いです。だから、トレンドラインを割らない限り、そのままついていけばいいのです。

トレンドラインを割って下げたらトレンドの変わり目かもしれません。また、トレンドラインから大きく離れて上昇したときは上げすぎなので、しばらくしたらトレンドラインまで戻ってくる(下がる)とも考えられます。トレンドラインだけでこれだけのことがわかります。

最初は、自分が引いたトレンドラインが性格なのか自信が持てないかもしれません。しかし、トレンドラインの引き方は、人によりさまざまであるし、確固たる正解というものもありません。自信が持てるまで、何回でも引き直しましょう。

ただし、トレンドラインは多くの人が注目しているからこそ効果があるものです。ということは、他人と同じように引けてこそ意味があるものなので、最初のうちは確認のために、ブログやレポートなどでプロが引いたトレンドラインも参考にしましょう。

このページの専門用語

テクニカル分析

テクニカル分析とは、景気や経済指標などは無視して、チャートに示される値動きだけで将来の相場を予測する分析手法の総称です。移動平均線などのトレンド系とRSIなどのオシレータ系に大別されます。

このテクニカル分析に対して、値動きよりも経済動向から相場を予測する手法をファンダメンタルズ分析といいます。

為替ディーラー

為替ディーラーとは、銀行や証券会社、ファンドなどで働くFXのプロの総称です。会社やファンドのお金でトレードして為替相場の上がり下がりから収益を上げることを目的としたディーラーもいれば、顧客の注文を右から左へ流すだけのカバーディーラーもいます。

おすすめの記事