FX ローソク足FXで使うローソク足は時間軸を変えてみるのが大切

ローソク足に色々な種類があることがわかってくると、かえって「どのローソク足を使えばいいのだろう?」と迷ってしまう人もいるかもしれません。

そこで、このページでは度のローソク足を使うべきなのかについて紹介します。

自分は度のローソク足を使えばよいのか、迷っている人の参考になれば嬉しいです。

どのローソク足を使うかはトレードスタイル次第

どのローソク足を使うかはトレードスタイル次第です。

「木を見て森を見ず」という言葉はチャートにも当てはまります。為替市場では1本1本の木を見るか、あるいは森を俯瞰するかで、見える景色は大きく変わってきます。

ここでいう木や森とは、チャートをどんな時間軸で見るかという意味です。チャートは「日足」や「1時間足」「5分足」など、時間軸を変えて表示させることができます。

どのチャートを使うかはトレードスタイルにより変わってきます。例えば、新規の取引から決済までを30分、1時間で終えてしまうような短期トレードを専門とする人は、5分足や15分足といった短い足のチャートを使います。一方、日中は仕事があって夜だけチャートを見て、1回の取引に要する時間が数日から1週間というような人は日足や4時間足を見ることが多くなるでしょう。

どんなトレードスタイルでも長い足は要チェック

このように、どんな足のチャートを使うかは、トレードスタイルにより変わりますが、大切なのは木ばかりを見ずに森も見るということです。

同じ通貨ペアであっても、ときには、木を見るか、森を見るかで、見えてくる景色が全く違ったものになることがあるからです。

米ドル/円の5分足チャートでは強い下落トレンドだからといって、米ドルが売られているかといえば、そうとは限りません。同じ時に日足チャートを見てみると、逆に上昇トレンドだったなどということはザラにある話です。この時は、「大きく見ると上昇トレンドだが、5分足では一時的に下げていただけ」ということになります。

もし、このとき5分足だけを見て判断し「米ドル/円は売りがよさそうだ」とエントリーしていたら、大きなトレンドに逆らったトレードになってしまいます。

しっかりと全体図を確認していれば、5分足で売りと判断していても、「全体としては上昇トレンドだから。すぐに利益確定しよう」と判断したり、「全体としては上昇トレンドなんだから、やっぱり売りはやめて下げ切ったところで買いを入れよう」などと判断することができます。

長い足から短い足へ

チャートを見るときは、週足や日足といった長い足で大きなトレンドを確認して、だんだんと4時間足、1時間足と足を短くしていくことが大切です。つまりは森の全体像を俯瞰したうえで、1本1本の木を見ていくのです。

このページの専門用語

トレードスタイル

トレードスタイルとは、主にトレードの期間の長短によって分類される取引方法です。

数分単位の超短期をスキャルピング、数時間程度のトレードスタイルはデイトレード、数日から数週間にわたるトレードスタイルをスイングトレードといいます。

スキャルのつもりで買ったけど思ったような値動きにならないのでスイングに変更するなどというやり方は初心者がやりがちな失敗パターンです。

短期トレード

短期トレードとは、主に1日以内から数日で決済するような取引のことです。保有期間が短いほど値幅も限定されるので、初心者のFXへの入門用にはお勧めです。

トレンド

トレンドとは、厳密に定義すると、チャートの山と谷を見たとき、谷の安値が一つ前の谷の安値より切り上がっていき、山の高値も一つ前の山の高値よりも切り上がっていくと上昇トレンドで、逆に切り下げていくときは下降トレンドといいます。

おすすめの記事