FX ローソク足FXのローソク足には情報が詰まっている

FXトレードに欠かせないアイテムであるチャート。そのチャートの中でも基本となり、いろいろな情報が詰まっているといわれているのがローソク足です。

そこで、このページでは、ローソク足について紹介します。

ローソク足について知りたいFX初心者の人の参考になれば嬉しいです。

ローソク足には情報が詰まっている

トレードで一番大切なのは、「取引をするタイミング」であるといっても過言ではないでしょう。

値が上がりそうだと思った時に買って、値がさがりそうだと思った時に売るのがFX取引の基本中の基本です。

とはいえ、「上がりそうだとか下がりそうだとかどう判断すればいいのかわからない」というのが、FX初心者に共通した悩みでもあります。

FXで投資判断を下す際に最大のよりどころとなるのがチャートです。チャートとは、過去の値動きを克明に記録したグラフのことです。チャートには為替市場に参加した人たちの心理状態や行動が凝縮されているといわれています。

チャートの理解が無くてはFXでの成功はあり得ません。「チャートは苦手」という人もいますが、チャートの見方は、慣れれば簡単なので、食わず嫌いせずにチャートに親しんでみましょう。

チャートにはいくつかの種類がありますが、基本となるのがローソク足と呼ばれるチャートです。1本1本の形がローソクに似ているので、このようにネーミングされましたが、これがなかなかの優れもののチャートです。ローソク足には、実に様々な情報が詰まっています。

ローソク足に織り込まれている情報

1本のローソクには、値動きを示す4つの値段が織り込まれています。高値・安値・と始値・終値です。この4つの値段のことを「四本値」といいます。

始値とは、市場が始まったときに最初につけた値段のことで、終値とは、市場が閉まるときに最後につけた値段をいいます。高値・安値は、その期間で最も高かった値段と最も安かった値段のことです。

ローソク足の種類

いろんな情報が詰まっているといわれるローソク足ですがいくつかの種類があります。

1本のローソクで1日の値動きを示すローソク足を「日足」といいます。1週間の値動きを示すものは「週足」、1か月の値動きを示すものは「月足」、5分や1分の値動きを示すものなら「5分足」「1分足」といわれます。

ローソク足の見方

では、ローソク足はどのように見ればいいのでしょうか。

ローソク足には「陰線」と「陽線」があり、それぞれ別々の色で色分けされています。そして、最初に注目すべきなのは、このローソク足の色です。

ローソク足は四角い箱の部分と箱から上下に伸びた線で構成されています。このうち、「実体」と呼ばれる箱の部分の色は2種類あります。ここでは、「陽線」を赤、「陰線」を青に色分けされていると仮定します。

赤の陽線は始値より終値が高く終わったことを示す色です。青はその逆で、始値より終値が安く終わったことを示す色です。なので、陽線が続いていれば市場の値動きは上昇基調であり、陰線が続いていれば下降基調であることがわかります。こうやって色を見ているだけでも、為替市場の方向性(トレンド)確認できるのがローソク足の優れた点です。

もう一つ、ローソク足で着目すべきは「ヒゲ」と呼ばれる線の部分です。

ヒゲの先端は高値・安値を示します。例えば、「過去、一週間の高値はいくらだろう」と思った時は、日足チャートで過去5本のローソク足を見比べて、一番高いところにあるヒゲを見ればよいのです。過去の高値・安値は相場の転換点になりやすいので、ヒゲの先端のレートはよく見ておく必要があります。

ローソク足には相場を読み解くカギとなる情報がたくさん詰め込まれているので、これを活用することが重要です。

このページの専門用語

四本値

四本値とは、相場を見るときに中心となる高値・安値・始値・終値の4つの価格のことです。この四本値をもとにして描かれるのがローソク足です。FXでは売値と買値がありますが、売値が使われる頻度が高い傾向にあります。

日足

日足とは、1本のローソクで1日の値動きを示すローソク足のことです。ローソク足の「足」とは、1本のローソク足が示す期間をいいます。日足は1本のローソク足が1日分の四本値(高値・安値・始値・終値)を表し、5分足なら1本のローソク足が5分間の四本値(高値・安値・始値・終値)を表します。

おすすめの記事