FX OCO注文

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FX初心者はエントリーと同時にOCO注文

FX初心者ならエントリーしたらすぐにOCO注文するのが大原則です。

OCO注文とは、持っているポジションに対する利益確定と損切りを同時に注文できる注文方法で、適切なタイミングで損切りや利益確定ができないことが多いFX初心者にはお勧めの注文方法です。

そこで、このページでは、OCO注文について紹介します。

いつも損切りや利益確定のタイミングで悩んでいるFX初心者の人の参考になれば嬉しいです。

OCO注文とは

ポジションを持ったなら、次に考える必要があるのは、利益確定と損切りのことです。そもそもエントリーする前に、「この辺りまでの値動きがあったら利益確定、この辺りまで値が動いたら損切りしよう」といった、ざっくりとでもイメージを持って、注文を入れるべきです。

そんな損切りや利益確定を助けてくれるのが「OCO注文」です。OCO注文は、持っているポジションに対する注文方法で、利益確定と損切りを同時に発注できる便利な注文方法です。例えば100円で買った米ドルがあったとします。これを「101円になったら利益確定、99円になったら損切り」というように2つの注文を同時にはl注できるのです。

このように説明すると「利益確定の売り注文が約定したら。99円で入れた損切りの売り注文が残ってしまい、新規のポジションが立ってしまうんじゃないか…」と心配になるかもしれません。でも、心配無用です。OCO注文では、片方の注文が約定すると、もう片方の注文は自動的にキャンセルされるのです。

つまり、利益確定が約定してポジションがなくなれば、損切りの注文は自動的にキャンセルされるし、損切り注文が約定すれば、利益確定の注文は自動的にキャンセルされるのです。

FX初心者の損切り利益確定に最適

エントリーをして新しいポジションを建てたらすぐに、機械的にOCO注文を入れることを進めします。

「ずっとチャートを見ているから、ストリーミングで損切りするから大丈夫」という人もいるかもしれませんが、特にFX初心者は、いざ含み損を抱えると「もう戻るだろう」「あと少しだけ持っておこう」とついつい自分を甘やかしがちです。

しかし、これでは含み損がずるずると膨らんで取り返しのつかないことになります。なので、特にFX初心者にはエントリーをして新しいポジションを建てたらすぐに、機械的にOCO注文を入れることを進めします。

もしも予想していた以上に相場が動き出して、もっと利益が取れそうだと思ったら利益確定のレートを変更すればいいのです。

損切りを遠くに動かすのはNG

このように、相場の動きに応じて利益確定のレートは変更すればいいのですが、損切りのレートをを遠くに動かすのは絶対にNGです。

つまり、損切りの方は最初に慎重に決めておいて、「もう少し待とう」などといった甘えを持つことは許されないということです。

もちろん、含み損が急上昇していく局面では、上昇の途中で損切りのレートを近くに移すことはよいのですが、遠くに移すことは絶対にNGです。遠くに移したのでは、損切り注文を入れておいた意味がなくなります。

損切りの徹底は、誰もの口をそろえて言うFX必勝法の基本中の基本です。ポジションを持ったらすぐにOCO注文を入れておけば、損切りのタイミングを逃し含み損を膨らんませることもありません。「エントリーしたらすぐにOCO注文」を習慣にしましょう。

このページの専門用語

ポジション

ポジションとは、エントリーはしたが、まだ決済してないまま保有している通貨ペアのことです。「ポジションを持つ」「ポジションを建てる」などといわれます。ポジションを翌日に持ち越すことをロールオーバーといい、ロールオーバーするとスワップポイントが付与されます。

エントリー

エントリーとは、新たにポジションを建てることをいいます。むやみにエントリーするのではなく、自分なりのエントリールールを作っておくことが大切です。

OCO注文

OCO注文とは、エントリーにも決済にも使える注文方法です。特に決済時には利益確定の指標と損切りの逆指標など、2つの注文を、同時に出せるため、リスク管理を徹底するのに便利です。

おすすめの記事