FX 損切りFXで損切りは大切

FXで損切りの徹底は最重要事項であり、損切りの徹底はすべてのFXトレーダーが絶対に守るべき大原則です。

たった1度の損失でFX市場から強制退場させられないためにも、FXでは「負けは小さく」が大原則であり、そのためには損切りの習慣は必ず身につけなくてはなりません。

そこで、このページでは、損切りについて紹介します。

これからFX取引を始めようという人の参考になれば嬉しいです。

損切りとは

損切りとは、為替相場が自分の思惑とは反対の方向に振れた場合の対処方法で、損失が出たら潔くあきらめて決済してしまうことです。

損失が出た場合には、いつまでもだらだらと持ち続けないで早目に決済することで、損失幅を広げないようにする「損切り」が重要です。

FXでは、初心者ほど、たった一度の損失が原因で資金の大半を失ってしまいやすいのです。なぜ、そんなことになってしまうのでしょうか?

FXを始めて最初は調子よく買い増しして、10万円の資金が12万円まで増えたが、2回目のトレードで買ったポジションが思うように上がらず、下がる一方…それでも「今までだって一時的には含み損になるときはあったけど、結局は利益になったのだから」と放置してたせいで、含み損がどんどん膨らみ5万円、7万円、そうしてとうとう10万円に…結局最後まで損切りできずに強制決済の憂き目にあい、残った資金はごく僅か・・・・。これが損切りできないFXトレーダーの典型的な失敗例です。

損切りできずに失敗した人は大抵「含み損は出ても、我慢して持っていればそのうち戻ると思ってた・・・」と言い訳をします。

確かに、プラスマイナスゼロくらいまで戻して「やっぱり損切りしなくてよかった」となる場合も結構あるのは事実です。でも、それはあくまでも結果論にすぎません。問題は戻らなかった時には、その損失が致命傷になるということです。

「負けは小さく」の大原則

新しく取引を始めるときに最も大切なことは「この辺まで損失が来たらあきらめて決済する」と、損切りのラインを明確に決めて、必ずそれを守ることです。

損切りをきちんとやってさえいれば、たとえ勝率が悪くてもトータルの損益をプラスにすることは十分可能です。よく「1勝9敗でもFXは勝てる」といわれますが、それは、損切りを徹底して損を小さくして、もうけを大きくすればよいという意味です。重要なのは損切りと利益確定のバランスなのです。

とはいえ、10回中8回以上負けるという人は何か戦略がおかしいと思った方がよいでしょう。これまでの自分のトレード内容を見直して、戦略の立て直しをする方がよいでしょう。ただ、その際も、損切りの重要性だけは絶対に忘れてはいけません。

まだデモ口座で取引に慣れようとしている人は、デモなら損切りの心理的負担も少ないはずなので、まずはデモ口座で損切りに慣れておきましょう。デモ口座の取引ですら損切りができないようであれば、本番のお金を使った取引では、もっと損切りはできません。損切りの習慣が身につくまではデモ口座で練習を重ねることをお勧めします。

このページの専門用語

損切り

損切りとは、含み損を抱えたポジションを自分自身で決済することです。ストップ、ストップロスといわれることもあります。FXでは勝率10割を目指すよりも、主率6割程度でこまめに損切りをして利益をできるだけ伸ばすことで、稼げるようになる人が大多数です。損切りができない人はFXをやる資格はありません。

強制決済

強制決済とは、含み損が膨らみ、そのまま行くと預けた証拠金以上の損失、つまり借金を背負ってしまう可能性すらあるため、あらかじめ合意してあったレベルで自動的に行われる損切り注文のことです。自動ロスカットやマージンカットともいいます。どの時点で強制決済となるかはFX会社や商品によって異なります。

おすすめの記事