FX デモ口座FXはデモ口座から始めよう

いざ「FXを始めるぞ!」と勢い込んで見たものの「何から始めればいいの…」と最初の一歩も踏み出せずに、立ち往生している人もいると思います。

そんな人におすすめなのがデモ口座です。デモ口座は本物のお金の代わりに仮想のお金を入金して本物そっくりのFXトレードを体験できるFXのシュミレーターのようなものです。そこで、このページではデモ口座について紹介します。

いざ「FXを始めるぞ!」と勢い込んで見たものの「何から始めればいいの…」と最初の一歩も踏み出せずに、立ち往生している人という人の参考になれば嬉しいです。

実際の取引はデモトレードの後

「FXを始めるぞ!」と意気込んでFX会社に口座を開き、10万年を入金して、儲ける気満々でトレードを開始!などということは絶対にやめましょう!

FXの初心者がいきなりリアルなトレードを始めて利益を残せるほどFXは甘くはありません。

もしかしたら最初はビギナーズラックで利益が出るかもしれませんが、最終的には手ひどく損失を出して「初心者がお試し感覚でFXに手を出し、大損して退場」というFX初心者あるあるになるのが落ちです。

そんな失敗をしないためには、実際の取引を開始する前の準備が重要です。まずはデモ口座でじっくりとFXの練習をしましょう。

デモ口座では実際のお金ではなく、仮想のお金を使ってFX取引の疑似体験をします。「もし鋼材に10万円入金されていたら」と仮定して、本番と同様の環境でトレードすることができるので、FX取引をしたことのない初心者にはピッタリの練習方法です。

実際にお金を使ってトレードするのは、このデモ口座でしっかりと練習した後にしましょう。

デモ口座でFXの基本を理解する

FX初心者には何はともあれデモ口座を開設して、ログインすることをお勧めします。

FX初心者は取引ツールの操作法もよくわからないし、FX独特の専門用語もまだ十分に覚えきれていないはずです。注文を出したのはいいけれど「決済注文の仕方がよくわからない」では大事な売買のタイミングを逃してしまいます。

なので操作方法やFXの専門用語を一通り覚えるまでは、デモ口座で練習を積むことをお勧めします。

デモ口座の開き方

FX会社の中には、口座を開設しなくいてもインターネットからデモ口座の申し込みができる会社もあります。

デモ口座の開き方は簡単です。FX会社のホームページででもこうお座開設の申し込みページを開いたら、名前やメールアドレスを入力し、後は投資経験など簡単なアンケートに答えるだけでで簡単に解説できます。

入力した情報を送信すると、すぐに登録したメールアドレスにデモ口座にログインするのに必要な「口座番号」と「パスワード」が送られてきます。この二つをなくすとログインできなくなるので大切に保管しましょう。

デモ口座でも真剣に取引

デモ口座では「どうせデモ口座だから…」などと手を抜くことなく、本番と同様に真剣に取引することが大切です。

デモトレードだと、どうしても「負けても実際に損失が出るわけじゃないから…」と手を抜いてしまいがちです。しかし、心理的なプレッシャーのかからないデモトレードですら利益を積み上げられないようでは、実際の取引で利益を出すことなど絶対に出来ません。

デモ口座であっても本番と同様に真剣に取引することが大切です。

FX会社の中にはデモ取引コンテストを開催して、一定の期間中に資金を増やした人には商品や賞金を出すFX会社もあるのでそうした機会を利用してモチベーションを高めてでもトレーをするのもよいでしょう。

このページの用語

デモ口座

仮想のお金でFX取引を疑似体験できる口座。本当のお金か仮想的なお金かの違い以外は、ほぼ本番と同じ環境で取引ができます。いきなり本物の口座で取引を始めるのは危険なので、まずは、デモ口座でFX取引を疑似体験することがおすすめです。

トレード

FXで行われる取引のこと。FXでは買って売って、または、売って買ってと1回の取引が短期間で完結することが多いので、トレードという言葉がよくつかわれます。ちなみにFX取引を行う人をFXトレーダーともいいます。

ビギナーズラック

FX取引を始めたばかりの人が偶然にも勝ってしまうこと。これを自分の実力だと勘違いして、後で大きく負けて退場していく人が多い。実際には偶然運よく相場が都合のいい方向に動いただけである場合がほとんどです。

おすすめの記事