FX 税金 確定申告FXの税金、確定申告は必要か?

FXで利益が出た場合「いくらから税金を納める確定申告が必要なのか?」良く分からないという人もいると思います。

そこで、このページではFXで利益が出た場合、いくらから確定申告が必要なのかについて紹介したいともいます。

FXで利益が出た場合「いくらから確定申告が必要なのか?」良く分からないという人の参考になれば嬉しいです。

利益20万円以上で確定申告が必要

FXで得た利益には、申告分離課税制によって約20%の税金がかかります。

1月1日から12月31日までの五年間の取引の合計で、会社員など給与所得者なら20万円、専業主婦や学生なら38万円を超える利益があった場合には、確定申告が必要になります。

年間利益がこれくらいの人は、年末が近づいたら、この額を超えないように調整しながら取引するのも節税方法の一つです。

特に専業主婦の場合、FXで38万円を超える利益があると配偶者控除から外されて世帯主の税金が増えるだけではなく、所得額によっては健康保険や年金の支払いも発生するので注意が必要です。

課税の対象となる金額

課税の対象となるのは、1年間の売買で確定した売買益です。

これは、FX取引による県債損益とスワップポイントの損益の合計から必要経費を引いた利益です。

複数のFX会社に口座がある場合には、それらの損益をすべて合算します(損益通算)。

会社単位では利益が出ていても、全体で損失となっていれば課税はされず、確定申告の義務もありません。

また、この計算には決済前の含み益は含まれませんが、スワップポイントの扱いはFX会社によって異なります。

決済するまでは課税されない会社と、決済していなくても利益として課税される会社があるので必ず事前に確認するkとが必要です。

繰越控除で損失軽減

年間の取引で損失がある場合は、確定申告を受けることで繰越控除を受けることができます。これは、損失分を翌年から3年間の利益で相殺できるシステムです。

3年間は損失分の利益がなかったことになるため、その分の税金が免除になります。

ただし、3年以内に損失が相殺できない場合でも、4年目以降に繰り越すことは出来ません。

繰越控除を受ける場合には、損失がる年だけではなく、繰越期間中は毎年、確定申告が必要です。

また、FXは株式投資や投資信託とは税金の仕組みが違います。株式投資とFXの損益を合わせた繰越控除は出来ないので注意が必要です。

おすすめの記事