FX ストキャスティクス

ストキャスティクスとはRSIと同じくオシレーター系指標の一つです。

ストキャスティクスは、一定期間の高値と安値の柄幅の中で、その日の終値がどのような位置にあるかを数値化した指標です。

ストキャスティクスの判断

ストキャスティクスでは、比較的動きのある%K(短期線)と動きの穏やかな%D(中期線)、SLOW%D(長期線)という線を使って、現在の為替レートが買われ過ぎか売られ過ぎかを判断します。

具体的には3本の線(%K(短期線)、%D(中期線)、SLOW%D(長期線))が80%以上で買われ過ぎと判断し、20%以下で売られ過ぎと判断します。

ストキャスティクスのシグナル

ストキャスティクスでは①80%以上で%K(短期線)が%D(中期線)を上から抜く②80%以上で%D(中期線)がSLOW%D(長期線)を上から抜く場合には売りのシグナルと判断されます。

また、③20%以上で%K(短期線)が%D(中期線)を下から抜く④20%以上で%D(中期線)がSLOW%D(長期線)を下から抜く場合には買いのシグナルと判断されます。

おすすめの記事