FX RSIFX RSIとは

RSIとは、オシレーター系指標の一つで「相対力指数」と訳されます。

RSIは、一定期間の値幅から買いや売りの勢いの強さを割合で表し、100%に近づくほど高値圏、0%に近づくほど安値圏を示します。

RSIのシグナル

RSIが70%を上回った場合には、値が上がりすぎ「買われすぎ」のため、利益確定の売りが増えて反落が期待できるので、「売り」のシグナルととらえます。

逆にRSIが30%を下回った場合には、値が下がりすぎ「売られ過ぎ」のため、値ごろ感から買いが増えることが期待できるので、「買い」のシグナルとしてとらえます。

RSIの効力

RSIはボックス相場からのトレンド転換を図る時に効果を発揮します。しかし、上昇や下落の勢いが強い時にはあまり機能せず、そのままの勢いが続くこともあります。

おすすめの記事