FX MACDFX MACD(マックディー)とは

MACD(マックディー)とは「移動平均収束拡散手法」と訳されるトレン

ド系指標の一つです。

MACD(マックディー)は短期の移動平均線と中長期の移動平均線の離れ

具合(乖離率)を数値化してグラフに表すことにより短期のトレンドを

いち早く知ることができ買いと売りを判断する手法だといわれています

MACD(マックディー)で使用する移動平均線

MACD(マックディー)で使用する移動平均線は通常の単純移動平均線と

異なります。

MACD(マックディー)では新しい価格のほうが為替相場への影響力が大

きいと考え、新しい価格に大きな比重をかけて計算されています。

MACD(マックディー)で使用する線

MACDは基本となる線(テクニカル名と同じMACDという線)と、MACDの移

動平均線であるシグナルと呼ばれる2本の線の推移でマーケットの判断を

します。

MACD(マックディー)の読み方

MACD線がシグナル線を上に抜けたときやMACD線がゼロラインを上回った

ときは「買い」、MACD線がシグナル線を下に抜けたときやMACD線がゼロ

ラインを下回ったときは「売り」と判断します。

なお、MACD線とシグナル線の交差がプラス圏やマイナス圏であればある

ほど信頼性が高まります。

おすすめの記事