FX ボリンジャーバンドFX ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、米国の投資家ジョン・ボリンジャーが統計学を用いて考案したテクニカルチャートのひとつです。

移動平均線とその上下2本ずつの標準偏差からなる線の計5本の線で表わされるテクニカルチャートです。

ボリンジャーバンドは高い確率(95.45%)で+2σ(標準偏差)と-2σのラインの間で為替相場が変動するだろうという予測をもとに将来の為替相場の動きを予測するために使います。

ボリンジャーバンドの幅

ボリンジャーバンドの幅は為替相場の勢いを表します。

幅が広いほど変動率が大きく、幅が狭い時はボックス相場になっていることを表しています。

ボリンジャーバンドの読み方

ボリンジャーバンドでは高い確率で5本のラインの間で為替相場が変動するだろうと想定しています。

そのため、バンドからはみ出す値動きがあった場合には、売られ過ぎ、または買われ過ぎと評価され、反転ソてバンド内に戻りやすいと予測されます。

なので、ローソク足がバンドの一番下のライン(-2σ)についたら「買い」、一番上のライン(+2σ)についたら「売り」のサインといわれます。

おすすめの記事