FX テクニカル分析テクニカル分析の指標

FXにおいて為替レートの流れを分析にて、今後の値動きを予測する方法はいくつかありますが、大きくはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析に分類されれます。

このうち、為替レートの値動きの方向性と相場の過熱感に注目する指標を使うのがテクニカル分析で、短期から中・長期まで、為替レートの方向性を判断するうえで投資家の有力な武器となります。

そこで、このページではテクニカル分析に使われる指標について紹介します。

テクニカル分析をよく知りたいという人の参考になれば嬉しいです。

テクニカル分析の指標

テクニカル分析に使われる指標は大きくトレンド系指標とオシレーター系指標に分けられます。

このうちトレンド系指標では、過去の一定期間の値動きに注目して方向性を分析します。

トレンド系指標としてはローソク足や移動平均線が代表的な指標ですが、一目均衡表やボリンジャーバンド、MACDなどもよくつかわれます。

このほかテクニカル分析に使われる指標としてはオシレーター系指標もあります。

オシレーターとは「振り子」の意味です。振り子のように動く買い手と売り手の需給バランス(買われすぎ・売られすぎ)から相場の過熱感に注目し、値動きを予測します。

オシレーター系指標では、RSIやストキャスティクスなどが有名です。

おすすめの記事