FX 移動平均線

為替相場の一定期間の平均値を表す移動平均線の位置や向きを分析することで為替相場のトレンドをつかむことが可能になります。

そこで、このページでは為替相場の一定期間の平均値を表す移動平均線につて紹介します。

移動平均線の位置や向きを分析することで為替相場のトレンドをつかみたいという人の参考になれば嬉しいです。

移動平均線とは

過去の一定期間の為替レートの変動を表したものを移動平均線といいます。

一般に日足チャートでは、直近の5日、10日、25日間など、一定期間の為替レートの終値の平均をつないだ線が使われます。

平均する日数によって5日移動平均線などと呼ばれ、短期線、中期線、長期線に分けられます。

移動平均線では、加汗相場のトレンドや勢いを見ることができます。

為替レートを表すローソク足が移動平均線より上にあり、線が上向きなら上昇トレンド、ローソク足が移動平均線より下で線が下向きなら下降トレンドの可能性があります。また、移動平均線の角度が急なほど勢いがあります。

移動平均線の交差の意味

2本の移動平均線を見ることで、トレンドの転換期や売買のタイミングを知ることができます。

短期移動平均線が長期移動平均線を上に突き抜ける交点をゴールデンクロスといい、上昇トレンドで勢いがると判断され、買いの目安だといわれています。

反対に、短期移動平均線が長期移動平均線を下に突き抜ける交点はデッドクロスといい、下落が予想されるため、売りの目安となります。

ただし、クロスが出ても、予測と異なる動きをすることもあるので、慎重な判断が必要です。また、移動平均線とローソク足から売買のタイミングを予想する8つのシグナル(グランビルの法則)もよくしれれた方法です。

グランビルの法則

グランビルの法則には、移動平均線とローソク足から売買のタイミングを予想する8つのシグナルがあります。

買いのシグナル

グランビルの法則の買いのシグナルは4つあります。

①移動平均線が下降後に横ばい、または上昇し始め、ローソク足が移動平均線を下から上に抜いたとき

②移動平均線が上昇中に、ローソク足が移動平均線を上から下に抜いても移動平均線が上昇し続けるとき

③移動平均線よりも上にあるローソク足が移動平均線に接近するものの、交差せずに再び上昇いたとき

④移動平均線が下落中に、ローソク足が大きく下落し、移動平均線が大きく離れたとき

売りのシグナル

グランビルの法則の売りのシグナルは4つあります。

①移動平均線の上昇が横ばいや下降に変わり、ローソク足が移動平均線を上から下に抜けたとき

②下落中の移動平均線をローソク足が一時手に上回っても、すぐに下落し始めたとき

③移動平均線が下落中に、ローソク足が上昇して移動平均線に接近するが、交差せずに再び下落したとき

④移動平均線が上昇中にローソク足が大きく上昇し、移動平均線から大きく離れたとき

おすすめの記事