ボックス相場

FXではローソク足を分析することで為替レートの動きの傾向(トレンド)を読み取ることができます。

そこで、このページではローソク足を分析し為替レートの上昇・下降トレンドとボックス相場をつかみ、為替の値動きを予測する方法を紹介します。

ローソク足を使った為替レートの分析法を知りたい人の参考になれば嬉しいです。

上昇トレンド

上昇トレンドとは、陽線が多く、右上がりの状態をいいます。

為替レートは、一定期間上がり続けたり、下がり続けたりするトレンドを発生することがあります。

複数のローソク足の安値と安値を線でつないだ線が右肩上がりの状態を上昇トレンドといい、この線を上昇トレンドラインや、下値支持線といいます。といいます。

上昇トレンドでは、安値はトレンドラインより下回らずに、何度もトレンドラインのところで反転することが多いので、トレンドが変わらない限り、トレンドラインが安値の目安となります。

反転した時が「買い」、トレンドラインよりローソク足が下になるとトレンドが下向きに転換したことが考えられ「売り」のサインととらえられています。

下降トレンド

下降トレンドとは、陰線が多く右下がりの状態をいいます。

上昇トレンドとは逆に陰線が多く、複数のローソク足の高値と高値をつないだ線が右下がりの状態を下降トレンドといい、この線を下降トレンドラインや、上値抵抗線と呼びます。

下降トレンドでは、高値がトレンドラインより上昇しにくく、下落する可能性が高くなります。トレンドラインが当面の高値の目安となり、この線をローソク足が上に突き抜けると「買い」のサインとなります。

上昇トレンドで下値支持線より下に突き抜けた時や、下降トレンドで上値抵抗線より上に突き抜けて高値を付けたときは、トレンドの転換期として多くの投資家が意識するポイントです。

ボックス相場

ボックス相場とは、値動きの少ない相場状況をいいます。

上昇トレンドや下降トレンドのように値幅に大きな動きがなく、しばらく高値と安値がほとんど動かない横ばいの状態をボックス相場といいます。ボックス相場のときは、上値抵抗線と下値支持線を引くと状態がよくわかります。ボックス相場では、大きな為替差益の獲得が難しい半面、為替レートが安定します。

ボックス相場では、横ばいの時期がなくなればなるほど、為替市場のたまったお金や期待が大きくなり、一度上下のどちらかに動き出すと、勢いをつけて大きく値幅が動く傾向にあります。

長期間ボックス相場が続いているときは、トレンドが動き出す時を待ち、動きだしたタイミングで取引するのも一つの方法です。

おすすめの記事