ローソク足

FXのローソク足とは、一定期間の為替レートの動きが集約されたものです。なので、過去の為替チャートのローソク足を見れば、現在の為替相場の方向性を知るヒントが出ています。

そこで、このページではローソク足の仕組みと基本パターンについて紹介します。

ローソク足について知りたいと思っていた人の参考になれば嬉しいです。

ローソク足の仕組み

FXのローソク足では、値上がりは白、値下がりは黒であらわされます。

為替チャートを構成するローソク足は、1分、1日など一定期間内に為替レートがどのように動いたか、為替相場に変動をあらわしています。

それぞれ分足、日足と呼ばれ、取引スタイルにより使い分けられます。1本のローソク足には、一定期間の始値、高値、安値、終値という4つの値(四本値)の情報が入っています。

ローソク足は通常2色で色分けされて、始値より終値が高い陽線は値上がりしたときに現れ、始値より終値が安い陰線は値下がりした時に現れます。

テクニカル分析では、ローソク足の形や推移などから、為替相場の情勢や動向を予測します。

ローソク足の基本パターン

ローソク足にはいくつかの基本パターンがあります。

大陽線・大陰線

大陽線・大陰線は実体が長く、ひげが短い、若しくは、ひげがないパターンです。

大陽線・大陰線は大きく値動きしたことを表し、今後も為替レートが大きく動くことが予想されます。

大陽線の場合は、為替レートが上昇傾向にあり、大陰線の場合には為替レートが下降傾向にあることを表します。

小陽線・小陰線

小陽線・小陰線は実体やひげが短いパターンです。

小陽線・小陰線は取引期間中の値動きがあまりなかったことを表します。

小陽線・小陰線は為替レートは横ばい傾向にあることを表します。

上影陽線・上影陰線

上影陽線・上影陰線は上ひげが長いパターンです。

上影陽線・上影陰線は大きく上昇するも、売り手の力に負けて為替レートが下がり、上昇力がない状態を表します。

上影陽線・上影陰線は高値圏で出たら下降への反転の可能性があることを表しています。

下影陽線・下影陰線

下影陽線・下影陰線は下ひげが長いパターンです。

下影陽線・下影陰線は大きく下落するも、買い手の力が強く、為替レートを押し戻し、潜在的な上昇力があることを表します。

下影陽線・下影陰線は底値圏で出たら上昇への反転の可能性があることを表しています。

十文字・トウバ・トンボ

十文字・トウバ・トンボは実体がないパターンです。

十文字・トウバ・トンボは始値と終値が同じで、売り手の力と買い手の力が拮抗していることを表します。

十文字・トウバ・トンボは為替レートが転換期にあることを表しています。

おすすめの記事