FX 資金
FXに興味を持った方の中には「実際にFXを始めてみたいけど、始めるのにいくら資金が必要なのだろう?」と気になる方も多いと思います。

そこで、このページでは「FXを始めるにはいくら必要なのか」、FX取引を始める際に最小限度必要な資金について紹介します。

FXに興味を持った方が、自分の資金力に合わせた無理のない取引を開始できるよう参考になれば嬉しいです。

FXを始めるのに必要な最小限度の資金の額

FXでは、実際に最小限度でいくらの資金があれば取引ができるのでしょうか?

FXを始めるのにはFX会社に口座を開く必要があります。

このFX会社によっては、100円単位の少額からでも取引ができます。

しかし、どのFX会社でも100円単位から始められるわけではありません。

FX会社ごとに取引をすることができる最小限度の取引の単位となる金額、「取引単位」が定められているからです。

FXの「取引単位」とは

取引単位とは、FX取引することができる最低限の金額で、各FX会社ごとに決められています。

この各FX会社ごとに決められている取引単位を「通貨単位」といいます。

つまりFX取引をするのは、最低でも、この「通貨単位」1口分の資金が必要となります。

通貨単位の種類

通貨単位は大きくわけて10000通貨、1000通貨、100通貨、1通貨の4種類に分けられます。

FXを始めるのに必要な最小限度の資金の額は1口10000通貨の場合が一番大きくなり、1口1通貨の場合が一番小さくなります。

必要な最小限の資金の具体的金額は、「通貨単位」×「為替レート」÷「レバレッジ倍率」となります。

例えば
1000通貨単位
米ドル/円(為替レート1ドル108円)
レバレッジ倍率1倍
の取引を行う場合

必要な最小限の資金、「通貨単位」1口分の資金は

108円×1000通貨÷1=108000円
となります。

初心者におすすめの「通貨単位」

初心者なら少額単位がおすすめです。

FX初心者に必要なのはFXを継続できないような損失をすることなくFX取引の経験を積むことです。

その点、少額単位の取引なら少ないリスクでFX取引の経験を積むことができるからです。

初心者におすすめのFX会社

FX初心者に口座を開設することをおすすめのFX会社は大手ネット証券、松井証券の「MATSUI FX」です。

松井証券の「MATSUI FX」なら最少額の1通貨単位から取引することができるからです。

そのうえ、松井証券の「MATSUI FX」なら手数料(スプレッド)も業界最狭水準に設定されているので、FXを始める方におすすめです。

おすすめの記事