FX 分析

為替差益を狙う投資法であるFXにおいては様々な情報を分析して為替レートの変動を予測する必要があります。

そこで、このページではFXにおける情報の分析方法を紹介します。

情報を分析して為替レートの変動を予測する方法を知りたいという人の参考になれば嬉しいです。

FXの2つの分析方法

FXにおいて為替レートの流れを分析にて、今後の値動きを予測する方法はいくつかありますが、大きくはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析に分類されれます。

どちらの分析方法も、短期から中・長期まで、為替レートの方向性を判断するうえで投資家の有力な武器となりえます。予測の精度を向上させるためにも両方の分析法についての基礎知識を抑えておくことが重要です。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、為替チャートをもとに過去の値動きの特徴やパターンなどから今後の値動きを予想する分析方法です。

テクニカル分析の指標は大きく①トレンド系指標と②オシレーター指標に分けられます。

このうち①トレンド系指標としてはローソク足、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACDなどがあります。

また②オシレーター指標としてはRSI、ストキャスティクスなどがあります。

※チャート:過去の為替レートの変動を時系列でグラフ化したもの

チャートからの予測

テクニカル分析で使う為替チャートは過去の為替レートの変動を時系列でグラフ化したもので、値動きの推移を一目でわかるようにしたものです。

もっとも一般的な為替チャートは、ある期間の為替レートの動きをあらわしたローソク足、ある期間の終値の平均値をつないだ移動平行線などで構成されており、FX会社のホームページで確認できます。

FXでは、為替レートが今後どのように動くかを見ながら取引します。そのため過去の為替チャートを見れば、現在の為替相場の方向性を知るヒントが出ています。

まずは、一定期間の為替レートの動きが集約されたローソク足の見方を覚えましょう。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、金利などの経済指標から各国の経済状態を分析し為替レートの動きを予測する分析方法です。

ファンダメンタルズ分析の経済指標としては雇用統計、GDP、貿易収支、金利などがあります。

おすすめの記事