FX 注文

FXにおいては新規注文の約定により取引が始まり決済注文の約定により取引が終了します。このように注文はFX取引の基本となる重要なものです。

そこで、このページではFX取引の注文について紹介します。

これから実際にFX取引を始めいようとする人の参考になれば嬉しいです。

成行注文・指値注文

成行注文と指値注文は、FXにおいて基本となる注文方法です。

成行注文とは、価格を決めずに発注した時点で取引されている為替レートで売買する注文方法です。成行注文は、必ず約定するので、すぐに売買したい場合には有効です。

しかし、発注のタイミングによってはスリッページが生じて思わぬ高値や安値で約定してしまうことがあります。

※スリッページとは、成行注文で約定の瞬間に為替レートが動き決済されること、もしくは、その際に生じたずれそのもののことです。

指値注文とは、あらかじめ価格を設定しておき為替レートがその価格になれば約定するという注文方法です。

しかし、指値注文の場合、例え1Pipsでも指定した価格に為替レートが届かなければ約定しないため、確実の売買したいときには不向きな注文方法といえます。

逆指値注文

逆指値注文とは、指値注文と同じくあらかじめ価格を設定して注文を出し注文方法のことですが、その価格が「現在よりも高くなったら買う」あるいは「現在より安くなったらうる」という指値注文とは反対の設定で、一見すると不利な取引にも思える注文方法です。

このように一見すると不利な取引にも思える逆指値注文はどのように利用するかというと、例えば買い注文では、現時点では値動きが上昇するか下落するかわからないので、上昇傾向に入ったら買いたい場合などに利用します。

逆指値注文では、注文の際には、現時点の為替レートよりも高い数値を指定します。

なお、FX会社によっては、新規注文では逆指値注文ができない会社もあるので確認する必要があります。

口座や保有状況の確認

新規注文や決済注文の前後には講座や余裕状況を確認することが必要です。

口座資産は、為替レートや取引状況とともに随時変化し、必要証拠金や証拠金維持率も変動します。

為替レートは短時間うちに大きく動くこと多いので、証拠金不足でいきなりロスカットされないように余裕のある取引を心掛ける必要があります。また、証拠金維持率は大きいほど安心です。一つの目安としては200%を下回らないようにしましょう。

さらに、レバレッジは、初心者の場合、2から3倍程度がおすすめです。高すぎるときは証拠金の増加やポジションを決済するなどして調整するようにしましょう。

新規注文や決済注文の前後には取引に使える証拠金に注意しながら必ず口座状況を確認することを習慣化することが大切です。

おすすめの記事